東京ゲームショウ2015 見学してきました!

  • マル
    マル レタッチチーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京ゲームショウ2015 見学してきました!

レタッチちーむのマルです。

気温の変化が激しく体調管理がなっていなかったのか8月末にぶっ倒れしまいましたが何とか回復する事ができました

皆様も体調管理には気を付けてください…

さて今回はまたイベントレポートになります。

9月17日~20日まで行われた東京ゲームショウ(以降TGS)に行ってまいりました。

戦車 バトルフロント 犬 ザク 進撃の巨人 バイオハザード バイオハザード

東京ゲームショウ2015

行く年と行かない年があるのですが今回は本当に久しぶりで、4年ぶりの参加となりました。

スマホゲームのブースがかなり増え、海外からの出展がかなり増えていますね。

据置型ゲーム機が主流の時代から見てきた世代としましてはこの変化にかなりたじろぐ物があります…

各ブースを巡って思った事が…やっぱり凄い華やか!!

幕張メッセ内にお城が立っていたり、飛空艇があったり

飛空艇

飛空艇

一軒家くらいの大きさの液晶モニターがあったりで、

でっかいモニター

クオリティの高いモンスターのフィギュアや気球があり本当に華やかなイベントでした。

気球に乗ったモンスター

大体のブースをめぐってから自分の目当てのブースで1時間くらい見学していましたが、

ゲームプレイ画面の画像

ゲームプレイ画面の画像

(写真、柱が邪魔ですいません)

「やりたい!」っていう欲求を刺激されっぱなしでした。

よくチラホラ見かけた物が、ヘッドマウントディスプレイ型の展示がかなり多かったです。

オキュラス」や「ハコスコ」を用いての展示・試遊です。(体験はしませんでしたが)

こちらは、海外からの展示が凄く多い印象でした開発コストもかからない部分もあり海外の方が開発が進んでいるのかなと思う一面もありました。

中でも一番目立っていたのがSONYの「PlayStation.VR」

こちらは整理券を確保できませんでしたが、キャンセル待ちをしてなんとか体験できました!

SONYVR01

ホラーソフトの体験でしたが…個人的な意見ですが、今までのゾンビホラーアクションゲームより、本当に怖かったです。

VRを装着し、ヘッドフォンを着けてでの体験なのですが、自分が向いている方向で視野も変わります。

後ろの方から足音と何か金属をすり合わせているような音…

振り返ったら刃物を持っている巨大なオジサマが…血まみれで…

(ここで椅子から転げ落ちました)

VRヘッドフォンの写真

VRヘッドフォンの写真

もう、本当に怖かったです。

視界と聴覚をその世界に入れるだけで本当にその世界に投じられたかのように身体が反応します。

体験ブースが広かったのも納得です…

ホラーの他にも、自分が箱庭の中の巨人になって街を歩いたりするVRや、複数名での話し合いの中に投じられた一人の視点になって、発言者の方向に顔を向けたら視界もそちらに動くVRもありました。

革新的なデバイスを用いてのゲーム等の展示もあり、今後の展開やその企業が、今後どのような展開を繰り広げるものかも大体の予想ができ、ゲームでまずプロトタイプを作成し試験的に運用、その後に医療系や教育・交通系等での活用を行いたいとカンファレンスでも聞け、今後の展開が本当に楽しみです。

カンファレンスの様子

4年ぶりの感想

昔は各ブースに据置機や筐体が設置されており試遊体験が当たり前でしたが今回の参加で大幅にその概念がひっくり返されました。

時代なのか、スマートフォンを用いてのアプリ(ゲーム)の展示が多く その新情報・今後のアップデートの発表やイベントステージが主な流れでした。

誰もが持ち合わせているスマートフォンでダウンロードをすればいつでも体験ができるものなので企業側からすると、ブースに来たお客さんを待たせずに展示を見てもらい非常に効率のいい物に変化しているなと感じました。

据置機やスマートフォンのゲームは久しくやっておりませんでしたが、休日を潰して没頭しそうなくらい刺激された内容でした。

あとそれと…そろそろカメラのボディとレンズそろそろ買換えよう…

このエントリーをはてなブックマークに追加

マルが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ