「おもしろいはつくれる」か? その1

  • どらくま
    どらくま インフラちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「おもしろいはつくれる」か?の画像

こんにちは、インフラちーむのどらくまです。

最近めっきり食欲がなくなってきました。

食欲がないというと、小食なのかな、あまりお腹がすかないのかな、と思われるかもしれませんが、そうではありません。

目の前にあればあるだけ食べますし、お腹もすきます。
加えて言いますと、何を食べても一緒だな、と感じているわけでもなく、外食などをすると、「世の中にこんな美味しいものがあったのか」くらいびっくりします。

ただ、不思議と「これが食べたい」と熱望するものになかなか出会いません。

テレビでグルメ番組の特集はたくさんありますが、見ていても「ぜんぜん食べたいと思わない」という、つまらない人間です。

そのつまらない人間が、今回は「おもしろさ」について書いてみようと思います。

面白さとは才能か?

インフラちーむの最優先事項は「安定稼働」であり、笑いなんて必要ありません。

にも関わらず、Go-Next全体的にもそうですが、インフラちーむには、なぜか不思議と面白い人が多いです。

私は、ずっと面白さとは無縁の人生でして、子供のころは次のように信じてやみませんでした。

面白さとは才能であり、生まれ持ったもの。
それを持たずに生まれた人間は、ずーっとつまらないまま。

フォーエバー的なやつだと思ってました。

ちなみに、小学生のころ「君が代」を歌っているときは、「千代に八千代に」がまさかフォーエバー的なやつだとは思ってませんでした。

でもあるとき、もしかしたら面白さを手に入れることができるのでは、という疑問を持ち始めたのです。

「かわいいはつくれる」らしい

「かわいいはつくれる」らしいの画像

きゃりーぱみゅぱみゅさんでしたでしょうか、テレビで誰かが言っていたのです。

「かわいいはつくれる」と。

ほう。

そのときは何とも思っていなかったのですが、どういうことだろうと、あとからネットで調べてみたのですが、何というか、簡単にまとめると、写真の撮り方や化粧で「かわいいはつくれる」ようです。

いろいろなサイトを見ていると「たしかに全然違う」「ほんとに同一人物?」「というかこれ嘘でしょ」というレベルの人がたくさん出てきます。

私がこれまでに見たことあるすっぴんは、ここまでのレベルはいませんでした。

どうやら、本当に「かわいいはつくれる」ようです。

去年の話になりますが、忘年会という名の友人宅ホームパーティに参加した際、家主の女の子が「私今すっぴんなんだよねー」とアピールしてきましたので、ここぞとばかりに、サービス精神を発揮して、「あんま変わらないね」と言ったら、他の女子から「それ言うのやめた方がいいよ」と言われました。

私としては、褒めたつもりだったのですが、ここまでの流れをふまえると、「かわいいがつくれていない」状態であり、たしかにそれでは褒めたことにはなりません。

いやいや、これはね「もともとかわいいよ」と遠回しに褒めているんです、あれです、デートに誘われた人が「みんなで遊びましょう」と言って2人っきりになることを避ける、あのTHE・遠回しです、と言おうとも思ったのですが、とりあえずそれはタンスの奥に置いておこう……としましたが「ちょっと、ひとんちのタンス勝手に開けないで」と怒られるので、テーブルの隅にでも置いておきました。

話は戻りますが、「私今すっぴんなんだよねー」に対して、「すっごく変わるね」と言いますと、さきほどの指摘女子から「それはもっとやめた方が良い」と言われます。

これであれば「かわいいがつくれている」状態なのですが、んー、女心とは難しいものです。

最終的には「変わったんだか、変わらないんだか、ごにょごにょ」と言い、なんとかごまかしました。

これで、ことなきをえたのかどうかは、去年の忘年会以来、まったく会っていないので、定かではありません。

「おもしろいはつくれる」か?

「おもしろい」はつくれるかの画像

で、「かわいいはつくれる」のであれば、「おもしろいはつくれる」のでは、と考えたのが出発点です。

「おもしろいはつくれる」、これが可能か実証していきたいと思います。

さて、「おもしろくなろう」と思っても、何から始めたら良いのか見当がつきません。

もしかしたら「おもしろくなろう」という部分に特化しているから、余計にわかりにくくなっているのかもしれません。

こんなときは抽象化です。

では、「○○できるようになる」にはどうすれば良いか?

こんな感じで考えてみたいと思います。

とはいっても、今現在できてないものに対して「これをやればできるようになる」「このように進めればうまく」という保証はないですね。

そんなわけで、これまでに実際できたもので考えてみることにします。

初めて歩いたとき、初めて自転車に乗ったとき、初めて泳いだとき、何をすることで、うまくなったのか?

初めて計算をしたとき、初めてパソコンにさわったとき、初めて葬儀に参列したときのお焼香で、「え、どうやんの? どうやってやんの? え、3回、3回やればいいのね、あーあ、こんなことになるんだったら、あらかじめネットで『いざという時に恥をかかない、お焼香のやり方』でも見とくんだったー、こればっか気になっちゃって、故人との思い出に全然ひたれないんですけど」というとき、何をしたのか?

まぁ、やり方はいろいろあると思いますが、

  • 誰かに教わる
  • できる人の真似をしてみる

とりあえず、これでいってみようと思います。

プランA 誰かに教わる

私のまわりで面白い人に当たってみることにしました。

友人で面白い関西人がけっこういるので、「なんかおもしろいこと言って」と尋ねてみたところ、「そんなん、ひゃくまんべん言われたわー」と言われ、全然教えてくれません。

あ、たしか「おもしろいこと言って」はダメだって、聞いた気がします。

では、どうやって聞こう?

これだ、と良い案が浮かび、「なんかおもろいこと言うて」と関西弁風に言ったら、にらまれて終了しました。

この現象から導かれる法則です。

東京の人は、関西の人が使う標準語に対して、特に意識しないのに、
関西の人は、東京の人が使う関西弁に対して、非常に非常に厳しい。

教えてくれないので、プランAは却下です。

プランBにいってみましょう。

プランB できる人の真似をしてみる

面白いといえば芸人、ということで、ためしに、大量のバラエティ番組、ネタ番組を過去にさかのぼって、ひととおり見てみました。

結果、…笑いすぎて疲れました。

ソファから転げ落ちそうになったのは、一度や二度どころではありません。

まだまだ人生は楽しいことがたくさんありそうです。

これはまた別の機会に「面白いバラエティ番組10選」というブログを書こうと思いますが、漫才やコント、大喜利などいろいろ見ていると、ほとんどのものに関して面白いは面白いのですが、自分の中に取り入れる、と考えた場合、使えるものと使えないものがあると感じました。

というよりも、取り入れることが比較的簡単なもの、取り入れることが結構難しいものがあることに気づきました。

どうせなら比較的簡単に「おもしろく」なりたいものです。

では、どんなものが比較的簡単なのか?

それは、また次回のブログで書こうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

どらくまが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ