目黒川が本当に汚いのか調べてみた

  • たれぞう
    たれぞう デザインちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
偽りの目黒川

Go-Nextのある西五反田周辺は多くのオフィスビルが建ち並んでおり、飲食店も充実しております。
駅を抜けてて東五反田に行けば歓楽街があり、昼も夜も人に溢れ、底知れぬポテンシャルを秘めた街という印象を受けます。

また、春の目黒川は言わずと知れたお花見スポットであり約3.8キロを800本あまりのソメイヨシノが囲みます。

目黒川の花見
目黒川沿いにはカフェやレストランが数多くありますので、ランチをしながら花見してますよぉ~的な写真をパシャパシャ撮ってFacebookにアップして幸せを演じるのもいいですし、ライトアップされたムーディな夜桜を見ながら居酒屋でお食事を楽しむのいんじゃないでしょうか。

目黒川の夜桜
しかし、目を背けてはならない現実があります。

目黒川が汚い!そして臭い!

今ではそこまで気にならないものの、最初に目黒川沿いを歩いた時は私の知ってる川の匂いではなかったので猛烈な違和感を感じました。

もしこの美しい桜のアーチの下に澄んだ川が流れ、錦鯉が優雅に泳いでいたらなんと美しいのだろうと思うのですが、現実はヘドロ(スカム)の塊が浮いています(特に雨の日)。
目黒川のヘドロ

目黒川を見るたびに顔をしかめずにはいられません。

しかし、私の独断と偏見で汚いと決めつけているだけですので臭いからといって汚れているとは限りません。

納豆は臭いけど栄養満点で、クサヤは臭いけど味は抜群です。

調べもしないで汚い川のレッテルを張るのも川の神様に申し訳ないので、水質を調査してみました!

河川の水質環境基準について

生活環境の保全に関する環境基準
上記に河川の水質の基準が載っているんですが表現が固くて非常にわかりにくいのでざっくりと要約しました。

水素イオン濃度(pH)
pHが7よりも小さくなればなるほど酸性が強く、逆にpHが7よりも大きくなればなるほどアルカリ性が強い。(wikiより

つまり7.5くらいがが望ましい。

合格ライン:6.5以上8.5以下

生物化学的酸素要求量(BOD)
水質汚濁の典型的な形態として、過剰な有機物の排出が招く、腐敗による酸欠がある。 水中の酸素(溶存酸素)が減少すれば、魚類等の好気性生物が生存出来なくなり、更に無くなった場合には、いわゆる「水が腐る」状況となり悪臭等の発生に至る(魚類が生存可能な溶存酸素濃度の下限が3~5mg/Lと言われ、環境基準のC類型の基準値として採用されている)(wikiより

川の汚れを表す代表的な指標。この値が高いほど、川は汚れている。

合格ライン:5mg/L以下

浮遊物質量(SS)
浮遊物質(ふゆうぶっしつ、suspended solids)とは、水中に浮遊する粒子径2mm以下の不溶解性物質の総称である。日本では水質指標の1つとされており、重量濃度(mg/L)で表される。(wikiより

水中に浮遊している不溶性の物質。水の濁りの原因となる。

合格ライン:50mg/L以下

溶存酸素量(DO)
溶存酸素量(ようぞんさんそりょう)とは、水中に溶存する酸素の量のことである。水質の指標として用いられる。(wikiより

つまり生物が生息するための酸素がどれだけ含まれているか。

合格ライン:5mg/L以上

目黒川の水質の調査結果

品川区の水質汚濁調査
こちらに平成24年から27年までの品川区の水質調査が掲載されてました。
Go-Nextから最も近い居木橋の調査結果を参考にします。

項目 採取水深 測定結果 合格ライン
水素イオン濃度(pH) 表層 7.4 6.5以上8.5以下
下層 7.7
生物化学的酸素要求量(BOD) 表層 2.1mg/L 5mg/L以下
下層 2.2mg/L
浮遊物質量(SS) 表層 2mg/L 50mg/L以下
下層 4mg/L
溶存酸素量(DO) 表層 7.2mg/L 5mg/L以上
下層 3.5mg/L

意外なことにほぼ環境基準に収まっています!

酸素の量だけ基準から外れましたが、下層でエラ呼吸さえしなければ泳げるような気もしなくもありません!

汚いとか言ってごめんなさい!

しかし!

微下水臭

やっぱり臭うんだよなぁ~

目黒川で泳ぐ人たちのグループがある

ミズベリング画像引用元:MIZBERING

なんと「目黒川で泳ぎ隊」というグループがあるということでした。
究極のミズベリングは都市河川で泳ぐこと?!
遊べて泳げる身近な川にするためにゴミ拾い等の清掃活動されているということですので、奇異だと思わずに温かい目で応援してあげたいと思います。
目黒川を綺麗な川に戻すには一人ひとりが環境に興味を持つことが大事ですね。

綺麗な自然を未来に残していくために

目黒川の水質改善の取り組み
自治体が毎年清掃活動や対策を行い水質改善を行ってくれているおかげで昔よりは遥かにきれいになっているようです。
これから水質がより改善されていけば生き物の住む豊かな川になっていくことでしょう。
そして、満開の桜とキラキラと輝く川を同時に写真に収められるようになるかもしれませんね。
目黒川ビフォーアフター

免疫力に自信がある方は目黒川で水遊びしてはいかがでしょうか?
責任は負いかねます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

たれぞうが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ