VRを体験すると、次世代を感じることができるのか

  • かんたん
    かんたん インフラちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VRを体験すると、次世代を感じることができるのか

こんにちは。
そろそろわたしのブログにも、固定ファンの方がついたころかなぁと考えている、かんたんです。

さて早速ではありますが昨今、VR(Virtural Reality)というものが話題をさらっております。
このブログをご覧のみなさまは、VRを実際に体験したことはあるでしょうか。

体験!?そもそもVRってなんなのさ!
という方のために、かんたんが簡単に(!?)説明しますと、でかいメガネのようなモノを装着して、映画とかゲームとかを楽しむものです。

それはもう、そのメガネのようなモノの中に映像が映し出され、ヴァーチャルな世界が広がっているわけですから、臨場感と言ったらハンパじゃありません。
臨場感を表す図

まあ実のところ、わたしも体験したことないんですが。
でも、このビッグウェーブに乗って、一度くらいは体験してみたいものです。

VRを求めて旅に出ます

ということで、出かけることにしました。
改札を出るところ

どこにやってきたかというと。

角を曲がるところ

この角を曲がりまして。

ダイバーシティ前

ダイバーシティ東京!
わたくしが右で、左は同じくインフラちーむのエスエージーエーさん。
エスエージーエーさんはこの前、佐賀を探しに出かけていたようなので、もし次回あれば、今度はわたくしがお供してみようかと思います。

佐賀を探そう!元佐賀県民だからこそ見つけたい、東京で佐賀を満喫できる場所

VRのイベントスペースを指さしているところ

ここにVRを体験できるブースがあるそうです。3Fの端っこですね。

人文字VR

VRゾーーン!人文字ブイアーール!
わたくしのお隣、“V”役をやっていただいているのは、同じくインフラちーむの、おーしー。さん。
写真撮影をお願いしていたのですが、映ってくれました。
“エックス”に見えなくもないことは、あとで教えておこうと思います。

おーしー。さんのブログも紹介しておきます。

インフラ系女子が紹介。インフラちーむ御用達ベンリグッズ5選

入場します

渡されたカードケースとマスク

列に並ぶと、体験で使うポイントカードのケースと、VRに必要な「ヘッドマウントディスプレイ」用のマスクを渡されました。
冒頭で言った、“でかいメガネのようなモノ”というのがヘッドマウントディスプレイで、目を覆うように装着するので、このマスクは大事ですね。

カード販売機で購入中

とりあえずカードを購入しまして。

お金をチャージ中

やらしい話、お金をチャージします。やらしい話。

マスクを装着したところ

マスクを装着して、これで準備完了です。

VR体験一覧

8つの体験ブースがありますが、どれからいきましょうか。
やはり、この体験会の情報をつかんだ時からやりたかった、アレでしょう。

VRを体験します

高所恐怖SHOW紹介

高所恐怖SHOWです。
200階建てのビルの上から木の板が出ていて、その木の板を歩いていくらしいです。
聞いただけでも怖いですね。
並ぶこと数分、ブースの中に案内されまして、体験の準備が始まります。

ベルトを着けられているところ

なにやらベルトを付けられまして。
そしてVRといったらこれがないと始まりません。

ヘッドマウントディスプレイを着けたところ

ヘッドマウントディスプレーイ!
そして、体験者に見えている映像が、左のモニターに映し出されています。

…ちょっと遠かったですね。
こんな時のために、別ブースを体験した時の画像があります。

ヘッドマウントディスプレイアップ

ヘッドマウントディスプレイーーイ!
これです、これがVR、これこそがVRです。
そして、目の前に広がっている景色がこちらです。

VRの実際の画面

あまり伝わらないかもしれないですね…。
実際の映像をお届けできないのが非常に残念でなりませんが、VRでよく言われる没入感というのはハンパではなく、おなじくヴァーチャルで言うと、バーチャルボーイの比ではありません。

バーチャルボーイ(VIRTUAL BOY)は、任天堂が発売した3Dゲーム機。
1995年(平成7年)7月21日発売、希望小売価格15,000円。全世界累計出荷台数は77万台。
Wikipediaより

ヘッドマウントディスプレイを着けた状態で、写真にある木の板の上を歩いていきまして。

ガタつく板

そして、赤い矢印の場所にいるネコ(ぬいぐるみ)を助ける、というものなんですが、実はこの木の板がちょっとガタつくように細工されていて、これが結構いい味を出してきます。
まあガタつくといっても、何も着けていなければ、もちろんどうってことないですよね。
だって、ただの平面の木の板ですし。
ところがどっこい。

板の上でプルプル

ビビっています、これはビビっています。脚もプルプルと震えています。
ただ、木の板の上を歩いているだけなのに!
でもなんとか歩いていきまして。

ネコを抱きかかえる

無事救出できましたー。
救出したら、テンションが上がってしまいました。

テンションが上がっている様子
図1.はじめてのVRを体験してテンションが上がっている30代男性

いやぁ、はじめてのVR。すごかった。
だって、上下左右どこを向いても映像が広がっているんだもの。

先に紹介しましたが、このほかにも体験ブースがありまして。

ホラー実体験室

おーしー。さんとエスエージーエーさんで、「ホラー実体験室」を体験したり。
(このブースは終始、悲鳴が上がっていました…)

シューティングのコックピット

またもや同じくインフラちーむのおまつさんとシューティングをしたり。
(おまつさんのブログはこちら。)

PC(パソコン)の廃棄は無料で できるの? その1

ガンダムの手に乗っている

ガンダムの手に乗せられたりして。
あっという間に体験時間の80分を過ぎてしまいました。

VR体験を終えて

没入感パナイ!の一言です。
これまで体験したことのない世界が、そこにはありました。
自身が向いた方向に、映像があるなんて。

ということで、ものすごく次世代を感じることができました。
言うなれば、ネクストジェネレーションをフィールした感じがします。

具体的な名前を挙げるとアレだと思うので言いませんが(3Dテ○ビとか)、“出てきては消え”している昨今。
いつの間にか聞かなくなったものもあったりしますが、このVRに関しては、その道を辿らないような気がします。
家庭には広がらなくとも、今回のようなゲームセンターチックな感じだと、すごく楽しめそうです。

とは言ったものの、家でも体験してみたいなー。
PlayStation VRもありますし。でも本体持っていないしなー。
と考えつつ、帰路につこうとしたその時。

VRで使用されていた筐体

むむ!
これ、中に入っているのはパソコンですね。
体験に夢中になって忘れていましたが、もちろん出力するものがあるわけです。

よし、自宅か会社でやってみよう。
…つづく…?

おまけ

一緒に体験してくれたエスエージーエーさんの、「ホラー実体験室」でのビビりっぷりを紹介しておこうと思います。

ホラー実体験室のエスエージーエー

あなたもレッツトライ、ヴァーチャルリアリティ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

かんたんが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ