VRをさらにバーチャルしても、次世代を感じることができるのか【準備編】

  • かんたん
    かんたん インフラちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VRをさらにバーチャルしても、次世代を感じることができるのか【準備編】

こんにちは。
はじめましての方は初めまして。
かんたんです。

トップの写真にありますが、前回お台場にVR体験に行ってきました。

VRを体験すると、次世代を感じることができるのか

一度体験したことのある方なら、きっと「あー、あれすごいよね」となってくれると思うのですが、体験したことのない方にはなかなか伝わらないそのすごさ。
それはもう臨場感がはんぱではなかったです。目の前に、グワーッと。それはもうグワーッと。
あの興奮を、もう一度体験してみたい…。

購入を決意しました

ということで、せっかくなので自分で購入してみることにしました。
とりあえず、「ヘッドマウントディスプレイ」は必要不可欠なので、価格を調べてみましょう。
映像の出力は、パソコンで大丈夫でしょうから。

果たしていくらくらいするのか。
価格のことはやはり、価格.comに聞いてみます。

ヘッドマウントディスプレイの数

や、やっつ…。
まあ重要なのは、価格です。

価格一覧

え…。そこそこしますね…。
あ、でもいい液晶モニターだと思ったら、そんなでもないですね。
PlayStation VRは45,000円くらいでした。
ただ、個人的にほかに買いたいもの(4Kモニター)もあるので、今回は見送ることにしました。

振り出しに戻りました

さて、振り出しに戻ってしまったので、ほかの案を考えようとした矢先!
そういえば、いつの日か購入した雑誌があることを、思い出しました。

日経PC

VRゴーーグル!
これは何とラッキーなんでしょう。日経PCさん、ありがとう。
1冊購入しておいてよかった。

これはスマートフォン用のようですが、自宅などでの使用にはもってこいです。
さっそく装着してみます。

近未来感

こ、この近未来感…!
ドラえもんが、もうすぐそこまで来ている気がします。

インフラちーむには、画像の加工を得意としている「みつを」さんがいるんですが、今回は自分で近未来感を出してみました。

22世紀

うーん…。みつをさんのようには、うまくはいきません。
素晴らしい画像が見られる、みつをさんのブログはこちら。

旧東海道をいくら歩いてもGo-Nextには着きません。

そしてなんと、GoogleストリートビューでVRモードなるものがあるとの情報が。

VRゴーグル

こんな感じにスマートフォンをセットしまして、やってみます。

スマートフォンでVR体験してみます

ストリートビューVR

こ、これは!
画像ではあまり伝わらないかもしれませんが、ハワイのストリートビューなんです。もうハワイに行った気になってしまうほどです。
羽田空港に行かなくとも、それこそ成田空港に行かなくとも、世界中を歩くことができます。
これがリアルどこでもドアです。

たしかにこれで、VRの体験はできました。
でも、なんだかちょっと、物足りない。
よし、やはり先日のVR体験会と同じく、パソコンでやってみよう。

でもどうやってやるの?

購入はあきらめましたので、もちろんヘッドマウントディスプレイは手元にありません。
ではどうやったら、VRをさらにヴァーチャルした体験、ができるのか。
とりあえず目の前が映像で覆われてくれれば、それはもうVRをヴァーチャルしていると言えるような気がします。
ではどうするか。

そう、マルチモニターです。

マルチモニターとは、表示領域の拡大を目的としてパソコンに複数のモニター(ディスプレイ)を接続して、使用することを言う。
Wikipediaより

ゴミの山

上の写真のようにこんなに多くなくてもよいのですが、少なくともモニター3つは、ほしいところです。
2つだと、すぐできそうですし、囲われている感がなさそうです。
映像の出力端子が3つ以上!ということで、当社にあるPCを探してみます。

映像端子その1

あれ?

映像端子その2

あれ?
おかしいですね。青丸と赤丸が映像の端子なんですが、青:VGA、赤:DisplayPortの2つしか見当たりません。
このほかのPCも見てみたんですが、3つの端子を備えているPCは見当たりませんでした…。

なんだか映像ではなく、暗礁に囲まれているような気がしてきました。
でもまだめげません。

我々にはグラフィックボードがあるのです

そうです。
映像の出力と言ったら、グラフィックボードです。
同じくインフラちーむの「ちょろさん」も以前、使用していました。

懐かしのテレビで仕事をしてみる【実装編】

ちょろさんは、“グラフィックカードと呼ぶ派”みたいですね。わたしは“グラフィックボード派”です。
なぜなら「グラボ」と略したいから。
そのほか“ビデオカード派”もいたりします。

それはいいとしまして、またも探してみます。

グラフィックボード

ありました!
玄人志向の、GF-GTX750Ti-LE2GHDという型番のグラボです。
「ほうほう、GTX750Tiね」と、ならない方のために。

第二回かんたんの簡単解説コーナー
GPUにもお名前がついておりまして、今回はNVIDIA (エヌビディア)社製のGPUです。
写真の製品は、「GTX750TiというGPUを積んだグラフィックボード」です。

数字部分はシリーズを表していまして、700番台、900番台、1000番台などでシリーズ分けされています。
そして数字の二けた目で、シリーズの中での性能が区別されています。
この700番台のシリーズで言いますと。
GT710<~~<GTX750<GTX750Ti<~~ と、数字と末尾のTiによって性能が変わってきます。
数字が大きい方が、すごい!やばい!ということですね。
数字が同じであれば、Tiが付いている方が、はやい!やばい!ということです。

本編に戻りまして。
肝心の映像端子については写真を撮り忘れたのでないのですが、HDMI、DVI-D、VGAの3本ありますのでトリプルモニター、いけますいけます。
しかも、NVIDIA Surroundテクノロジーを使用して、3枚のモニターを1枚として認識できます。
つまりフルHDのモニターを横置きで3枚並べれば、5760×1080の解像度になる、ということですね。

フルHD(1920×1080)だと、こんな感じです。

フルHDの図

それが5760×1080だと…。

5760x1080の図

こんな感じになります。
もうパッと見で、横に長いですね。これはぜひとも体験してみたい。
NVIDIA Surroundテクノロジーについてはこちら

おお、完全没入体験と謳っています。私が求めていたものそのものです。
ぜひともこれをやりたい。VRをヴァーチャルするために。
念のためですが、システム要件を確認しておきましょう。

よかったぁ。
サポートされるGPUの中に、ありましたねGTX750Ti。

でもよく見てみると…、あれ?
「どの3つのデジタルコネクタもサポートします。」

ノーマルかんたん
ほうほう、なるほど。
つまりはデジタルの端子が3本必要、ということですね。
ノーマルかんたん
今回のグラボは、HDMIとDVI-DとVGA…つまりデジタル2本とアナログ1本…。
困ったかんたん
完全没入体験できない…。

果たして、VRをヴァーチャルしたいという願いは叶うのか。

いや。
次回は、これこそがVRをヴァーチャルしているということだ!というのを、お見せしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

かんたんが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ