撮影時はRAWとJPEGどっちで保存するのが適切?

  • ノリ
    ノリ レタッチちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影時はRAWとJPEGどっちで保存するのが適切?

こんにちは!レタッチちーむのノリです。
今回は写真を始めたばかりの方によく質問される「RAWとJPEGどっちで撮影するのがいいの?」をテーマに、私自身復習の意味でもメモ書きしていきたいと思います。

デジタルカメラの仕組み

デジタルカメラにはイメージセンサー(CMOSやCCDなど)というものが内蔵されており、この部分はカメラの心臓の様なもので昔でいうフィルムの役割をしています。
そのセンサーがレンズを通して感知した色の情報で”画”を作り出します。
この受け取った情報そのままの画像を『RAW』といい、”生”のデータになります。
この『RAW』の情報ににカメラ側のホワイトバランスなどの設定を反映し、圧縮させたのが『JPEG』です。
画像は処理をすればするほど画質は劣化していく為、JPEG形式の既に処理・圧縮されている画像にそこからまた手を加えると画像の質を下げる事になります。
それに比べRAWの場合は、未処理のデータをRAW現像ソフトを通して自分で補正を行ってから保存を行うため、質を保ったまま処理を行うことができます。

じゃあ全てRAWで撮れば解決!と思われますが、RAWにも欠点はあります。
RAWは情報量が多い為、容量がJPEGの3倍以上になります。
HDに保存する際も、すぐにいっぱいになってしまう点は気軽に写真を楽しむにはあまり向いていないと感じますし、RAWはそのままこの『RAW』の情報ににカメラ側のホワイトバランスPCですぐ開いて使用する事ができず、各社カメラメーカーなどの現像ソフトを通して一度保存をしないと画像として開くことができません。
そして保存の際の書き込み速度が遅く連写枚数がJPEGに比べ少なくなる為、連写をしたいスポーツ撮影の際などはJPEGの方が有利となる事もあります。

こうした両方のメリット・デメリットを理解した上で形式を選ぶ事は、写真を作る上で重要な要素になります。

メリット・デメリット

RAW

メリット

  • 画像の質を下げずに自分の好みに処理する事ができる。
  • 諧調が豊かな為、撮影段階で多少の白とび・黒つぶれなどのミスはカバーできる。
  • 繰り返し現像しても劣化しない。
  • 保存形式をTIFFなど諧調豊かなもので保存ができる。

デメリット

  • PCでソフトを通して処理(RAW現像)を行わなければ画像を使用する(開く)事ができない。
  • 上記を行うためのソフトが必要となる。
  • 保存に時間がかかる為JPEGに比べて連写できる枚数が少ない。
  • 手間がかかる。
  • 容量が大きい。

JPG

メリット

  • 既に補正されて出来上がっている写真なのでそのまま使用できる。
  • 下手に補正を加えるよりも綺麗に仕上がる場合もある。
  • 汎用性が高い画像形式なので、ほとんどのソフトや機器で見る事ができる。
  • 圧縮されている為、容量が軽い。

デメリット

  • 撮影時の失敗を取り返しにくい。
  • 繰り返し手を加えると画像が劣化する。

まとめ

JPEGでも相当な加工を加えなければ一般的には問題はない程度の劣化と言われますが、レタッチにおいて写真のもともとの画質・サイズは大きく影響をうけます。
なるべく質のいい画像を使用するに越したことはありません。
写真の質を下げないためにも画像のファイル形式はRAW+JPEGの設定で保存をさせるのが一番理想的だと思いますが、容量を考慮して私は普段の生活の気軽な写真やHPやSNSなどに上げるものは”JPEG”、作品制作や紙にプリントして引き伸ばす可能性のあるものについては”RAW”と言うように使い分けをしています。

レタッチに興味がある方は自分で写真撮影をする方も多いと思いますが、自分で撮影した写真をレタッチしてもっと作品としてのクオリティーを上げたい!
そんな方は現在お使いのカメラにRAW設定がある場合はRAWで撮影して損はないので、RAW設定使ったことないな~という方は一度試してみてはいかがでしょうか。
自分の写真を理想に近づけていく作業の楽しさもありますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノリが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ