Google Tag Managerでクリックを計測する方法

  • ルル
    ルル マーケティングちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Google Tag Managerでクリックを計測する方法

みなさん、ホームページのアクセス解析はしていますか?

近年ではページの閲覧数だけではなく「○○がクリックされた回数」というのも、注目の計測対象になっていますね。

Google Analyticsでクリック数を計測するには、計測する対象に

onclick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘link’, ‘click’, ‘サンプルページ’);”

といったコードを埋め込まなければなりませんでした。

この方法ですとソースコードが長くなりますし、計測担当者がWEBサイトの制作をしていない場合に、都度、制作担当者に依頼をしなければなりません。

そんな時に活躍するのが「Google Tag Manager」です!

Google Tag Managerを利用する事で、上記のようなコードを埋め込む事なくクリックの計測ができるのです。

自社ブログに解析タグを設置してみた

今回は、この「Go-nextブログ」のリニューアルに合わせて、クリック数の計測箇所を増やしました。

ですので、その方法をこの「Go-nextブログ」を例にご紹介したいと思います。

計測対象箇所

今回計測するのは、サイドエリア「ちーむ別の記事をみる」の「デザインちーむ」のクリック数。

あ、まずはGoogle Tag Managerのタグが、全ページに設置されている事が前提ですからね!

計測したい対象を指定する

まずは、Google Tag Managerで、「計測したいクリックの箇所を指定」します。

まず、サイドエリアの「変数」から、クリックを指定するのに必要な変数にチェックを入れておきます。

今回はaタグ内の要素「クラス」と「URL」で指定しますので、「Click Classes」と「Click URL」にチェックを入れておきます。

変数設定

完了したら、左側サイドエリアの「トリガー」から、トリガーの新規作成をしましょう。

ここで、計測したい対象を指定します。

トリガー設定

今回はブログ内のサイドエリアにある「デザインちーむ」のクリック数を計測するので、トリガー名は「サイド_デザインちーむ」にしました。

「イベントを選択」は「クリック」。
「トリガーを設定」では「リンクのみ」を選択します。

「有効化のタイミング」は全ページなので、「Page URL」を正規表現「.*」で設定しました。
正規表現については、こちらの記事も参考にしてみてください。

Google Analyticsで頻出!かなり役立つ正規表現のまとめ

「配信するタイミング」では、計測したいaタグに入っているClassesとURLを設定します。

設定が完了したら「トリガーを作成」をクリックしましょう。

これで「計測タグを動かすきっかけ」の設定ができました。

次は、この「計測タグを動かすきっかけ」が起きた場合には、実際に動かすタグの設定をしていきましょう。

タグを作成して、Google Analyticsにデータを送信する

計測したい対象が指定できたら、タグの設定を行います。

タグの設定

Google Analyticsのユニバーサルタグを選び、紐付るトラッキングIDを入力します。

「トラッキングタイプ」で「イベント」をクリックすると、その下に入力欄が出てきます。

「カテゴリ」「アクション」「ラベル」は、解りやすいようにつけましょう。

今回の計測は、サイドエリアの「ちーむ別の記事をみる」部分なので、
「カテゴリ」は「steam」にしました。

クリック数の計測なので、
「アクション」は「click」に。

ラベルは「サイド_デザインちーむ」と、解りやすくしておきました。

これで、「タグを動かすきっかけ」と「そのきっかけで動かすタグ」の設定が完了したので、右上の「公開」ボタンを押してGoogle Tag Managerの設定を公開します。
(今回は割愛しましたが、プレビューモードを利用して正常に動作するかテストすることもできます。)

Google Analyticsの方で、ちゃんと計測できているか確認してみましょう!

イベントトラッキングされているか確認する

Google Analyticsにログインしたら「リアルタイム」を開きます。

まず、アクセスが取得できているか確認しましょうね!

「クリックが取れていないな?」と思ったら、
計測IPの制限などにより、自分のアクセスそのものが計測されていない場合がありますので!

アクセスも取得できていたら、計測したい対象をクリックしてみましょう。

私は、一回では不安なので、数回クリックしてしまうのですが。

テストクリックが計測されているか、Google Analyticsに戻って確認してみましょう。

Google Analytics内のメニューで、リアルタイムメニューの中の「イベント」開きます。

画面中央あたりに「イベント(直前の30分間)」というものがありますので、それをクリックします。

Google Analytics確認

無事計測できていました!

ちょっと20回はクリックしすぎですね。

これでイベントの計測は完了です!

Google Tag Manager内で設定が完了しました。

このイベントをコンバージョンとして計測する場合には、Google Analyticsの設定が必要ですが、コンバージョンは20個までしか設定できないので「各クリックの回数が計測したい!」という場合には、イベントとして計測した方が、いろいろな箇所を測定できますね。

クリックイベントの取得はとても簡単なので、Google Analyticsしか利用していない場合でも、タグマネージャーを導入してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルルが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ