googleアナリティクス基本編 【ディメンション】と【指標】について

  • そぅー
    そぅー マーケティングちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleアナリティクスの見方 直帰率と離脱率について

こんにちは。そうーです。

突然ですが「googleアナリティクス」活用できていますか?アクセス解析では定番の無料ツールですが、高機能ゆえになにをどう活用すればいいのかわからず、たまにログインする程度・・・そういう方もいるかと思います。
実際私もはじめて「googleアナリティクス」を導入したときはそうでした。

しかし、基本的な用語・数値の意味や構成などを理解できれば少しずつ「なるほど・・・」と思える日がきっとやってきます。そんなわけで今回はgoogleアナリティクス基本編として【ディメンション】と【指標】について簡単にご説明したいと思います。

ディメンションって?指標って?

ディメンションと指標1

はい。まずはgoogleアナリティクスではおなじみの基本的なレポート画面です。このレポートがディメンションと指標で構成されています。

 

ディメンションと指標2
具体的に色分けをするとこんな感じです。左側の青い部分がディメンション。右側の赤い部分が指標になります。

  • ディメンション=項目 (ページ、参照元、キーワードなど)
  • 指標=数値 (訪問数、ページビュー数、直帰率など)

考え方としてはディメンション(項目)に対してどのような指標(数値)を見るのかということになります。

「検索キーワード別のセッション数やページビュー数が知りたい」となった場合。
  • ディメンション(項目)=検索キーワード
  • 指標(数値)=セッション数、ページビュー

ディメンションと指標3

このようにディメンションの項目として検索キーワード、見たい指標の数値としてセッション数やページビューとなります。

いかがでしょうか?これがgoogleアナリティクスでのディメンションと指標の関係性になります。

最後に

どういうディメンション(項目)に対してどのような指標(数値)を知りたいのか。
この関係性をしっかりと理解することで、googleアナリティクスのカスタムレポート、セグメントといった機能などの活用もしやすくなります。
ディメンションと指標はたくさんの項目があります。すべてを覚えるのはなかなか難しいですが頻度が高い項目は限られていますし、よく使う項目などはしっかりと自分の頭に入れておくてとgoogleアナリティクスの理解力が深まるハズです。
それでは。

このエントリーをはてなブックマークに追加

そぅーが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ