SEO施策結果、GRCでサイトスコア(ファインダビリティ)を計測してみた(読了時間3分)

  • やーすー
    やーすー SEOちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SEO施策結果、GRCでサイトスコア(ファインダビリティ)を計測してみた(読了時間3分)

今回は、やーすーがGo-Nextに入社して最初の頃に行った施策の結果を出してみようと思います。
(別の機会に、サイトのフルリニューアルと内部施策の結果もお見せしたいと思います。)

基本的に外部施策で、沢山の被リンクの中からマイナス効果の被リンクを見極めて、それらをウェブマスターツールで全部否認していきました。

ナマズ

1本1本、本当にマイナス効果が大きく否認するべきなのか?

最初は時間をかけて判定していましたが、色々な仮説を立て数字でだいたい絞込み、残りは目視でリンクをチェックする事でどんなにリンクが多いサイトでも問題なく否認出来る様になりました。
(今回は1サイト平均150本位のリンクを否認しています)

これである程度高い確率で上位表示してきます。
SEOが分からない人は何言っているのか?ハテナだと思いますが、要は慣れが重要だという事です。

経験がモノを言う作業は、職人芸に似ていると思います。
このリンクを否認すべきか?の判断は、一人ひとり違ってくるので。

そしてもう一つ重要な事は、何処の中小企業もSEO担当者は結果を評価されない。
という事があります。

1人や少人数でSEOをやっている会社が多いと思います。
話が上司や社内の他の社員に通じない為に、その結果を正しく評価出来ない会社が多いのがSEO業界の現実です。

だから結果をこういう形で出して行く事も重要な仕事の一つだと思っています。

計測結果

まずは、namaz.jpの1年間の変動を載せておきます

namaz.jp
引用:namaz.jp

順位計測は皆さんご存知のGRCを使っています。
GRCはコチラ

そのサイトスコア50というのを活用しています。

サイトスコア50は、ファインダビリティという考え方で、ウェブ上でそのサイトがどの位見つけやすい状態か?という指標です。
(ファインダビリティに関しては別の機会に解説しようと思います。色々注意点などあるので)

これからお見せする結果は、キーワードやサイト名は伏せさせてい頂いています。
申し訳ありませんが、ご理解ください!

最初はサイト001です

サイト001

このサイトは、17ワードの計測をしています。
このサイトは外部リンクの精査をした後、5日後に一気に順位が上がったキーワードが複数ありました。その後は安定しています。

次にサイト002です

サイト002

このサイトは非常に結果がハッキリと出ています。41ワードの結果です。
5/30に外部施策でリンクの否認を行ってから、ほとんどのキーワードで順位が上がり、サイトスコアも227から900以上まで伸びました!390%以上の伸びです!
驚異的に伸びています!

サイト003です

サイト003

このサイトは81ワードの結果です。

このサイトもやーすー入社前は下がる一方でした。14/6/27に外部リンクの否認を行い、そこから劇的に上昇。
スコアも390辺りから1500程まで伸びました!380%以上の上昇です!
そして、サイトのフルリニューアルで完全に順位が落ちました。
「やばいよ!」と言ってもスケジュールなど決まって動いているので、リニューアルをやるしか無かった事例です(涙)。
その後少し戻しましたが、もったいない結果です(汗)。。。

サイト004です

サイト004

48ワードの結果です。こちらも下がりきった時に外部リンクの否認を行いました。
その後、順調に伸びてきていると思ったら、まだ否認しきれていなかったので、2015年に入ってまた下がり調子に戻りました。
もう一回否認すればまた上がると思います。

サイト005です

サイト005

101ワードの結果です。
このサイトも順位がガクンと下がった状態から施策を行い、順位を上げていきました。
でも、戻りきりません(汗)。
サイトスコアも800台から1159まで上がりました。35%程上げました。
今後はまたリンクを精査して外していく必要がありそうです。

サイト006と007です

サイト006

このサイトは順位計測期間が短くなってしまっています。
というのは、GRCに登録しているキーワード自体選定し直した為です。
キーワード選定しなおした18ワードで計測しています。もっと沢山登録すべきだったと反省しています。
サイトスコアが107から、上下しながら最終的には192まで来ました。80%弱上げています。
まだ少しいらないリンクが混ざっているんだと思います。

サイト007

同じサイトの違うキーワード順位データです。キーワード選定しなおし前のデータで33ワードのデータです。
GとYのスコアが419まで下がった所から789まで上昇し、そのタイミングでリンクの否認を行っています。
アクセスの来ない検索回数自体の無いキーワードで順位計測をしてもあまり意味が無いので、006の方が正確なデータでになります。

サイト008です

サイト008

14ワードでのデータです。
外部施策のリンク否認を行ってから直ぐ(6月半ば)に一度順位が上がりました。
これは確かに悪影響のリンクを否認している筈ですが、その後パワーが無くなった分下がってしまっています。
2015年に入ってやっとスコアが上がってきました。そしてまた下がってしまいました。

こういう現象をどう判断するか?ですが、リンクを外さなかった方が良かったと考える方も、外しておいて良かったと考える方も両方いるかもしれません。

やーすーはリンクを外して(否認して)おいて良かったと判断していました。
外していなかったら2014年の7月、10月、12月は乗り越えられなく、飛んでいた可能性が高いと考えているからです。
でも、実際にやってみないと分からない事ですね(汗)。

サイト009です

サイト009

49ワードの結果です。このサイトは外部リンクを否認してから徐々にスコアが下がってきています。
多くのキーワードで10月半ば頃から徐々に下がり、12月初旬にカクンと下がっています。
その結果がこのサイトスコアです。まだマイナスの被リンクが残っているんだと思います。

一つ一つのキーワードの順位は変動が分かりやすいですが、サイト全体の評価を見ていく必要があり、それがファインダビリティという考え方で、指標がサイトスコアです。
キーワードの順位が一つ二つ大きく下がっても、サイト全体では大した影響は無かったりします。

やっと半分来ましたね(汗)。リンク入れておきます。
目次へ戻る↑
まとめへ飛ぶ↓

サイト010とキーワード011です

このサイトはサイトスコアとメインキーワードのセットでお見せします。

サイト010

まずは010のスコアです。15ワードで計測しています。
8/14に外部施策を行った時にキーワードを追加しました。8/14以降のデータ推移を見て下さい。
サイトスコアが313から始まり410まで上がりましたが、その後少し下がり383になりました。300台後半で落ち着いています。

次に、サイト010のメインキーワード011の推移を見て下さい。

サイト010

8/14の施策後順調に順位が上がってきて、1位をずっとキープしています。
こういうのをV字回復と言うんでしょうね。
他のキーワードでも狙っているキーワードで上がってきています。
こういうサイトは順位よりも、LPOを見直す事が重要です。
順位が上がってもCV数が増えていないからです。。

サイト012です

サイト012

24ワードの結果です。14/7/25に外部施策を行いました。
12月に少し下がったものの、結局は施策前とスコアはほぼ変わっていません。
それでも、リスクの高いリンクを外しているので、十分な効果があったと言えます。
外していなかったら12月に順位が下がっていたキーワードが多かったと思います。

見かけ上はスコアがほとんど変わっていないのは、良い結果です。
なぜなら、危険なリンクを大量に外しているからです。
リスクだけ大幅に軽減できた成功事例なんですが、、、

サイト013です

サイト013

27ワードの結果です。7/18に外部施策を行い、その後少しスコアは下がっています。
11月頃からアップデートの影響でスコアが上がり、2月末にまた少し下がり、結局67くらいになりました。
全体的に大きく変動はしていませんが施策前よりは微増です。
リスクの高いリンクを否認しても微増なので、十分な結果だったと思います。

サイト014です

サイト014

24ワードの結果です。このサイトは結果順位が下がりサイトスコアが減ってしまっています。
ただ12月始めまでは順調で、その後の12月の変動で影響を受けて下がっています。
まだ危険なリンクが残っているので、それが影響し下がっているのではないか?と思います。
今後またリンクの精査をして否認する事で順位が回復すると思います。

サイト015です

サイト015

28ワードの結果です。このサイトは5/30の時点でスコアは220程で、現在は470まで上がってきています。
凄く良い感じに上がってきています。210%以上上がっています!
10月から12月はじめにかけて順位が下がっていましたが、12月の大変動で一気に400程までスコアが上昇し、その後も少し上がっています。
危険なリンクをしっかりと否認出来た事例だと思います。

サイト016です

サイト016

このサイトは75ワードでサイトスコアを見ています。
この位のキーワード数を見ていけるとより正確なファインダビリティが測れますね。
施策後まだ結果を見るには早いんですが、11月頃から下がる一方で来て、2月に施策を行いました。
外部施策と内部施策をやりました。
その結果が少し見え始め、3月後半から順位が上がってきています。今後が楽しみです。

サイト017です

サイト017

このサイトはフルリニューアルを行った事で順位がガクンと下がってしまった事例です。
7/25に外部施策を行い、その結果が9月中旬から出始め一番よい時期にフルリニューアルに突入しました。案の定、サイトスコアは激減です。
その後もなかなか持ち返せなくなり、厳しい状況です。3月末から順位が少し回復しましたが、今後が心配です。

フルリニューアルはCakePHPに完全に移行しました。他にもこういうサイトがあります。
やはり、フルリニューアルは順位が下がってきて止まらない時にやるべきで、順調な時にやってはいけない施策です。
とは言え、やーすーは決められない事なので、しょうが無いですね。

下げるのは簡単で、上げるのは難しい。
一度下がると、持ち返すのも難しいです。。

サイト018です

サイト018

このサイトで一旦終わりです。27ワードの結果です。このサイトは7/18に施策を行い、8月から一旦スコアを落としていますが、11月にまた上がり始めました。
スコアが下がる事を恐れて危険なリンクを否認出来ない事は、サイトに爆弾を抱えた状態のままを意味します。
だから試作後1ヶ月間位は順位が下がっても慌てず、上がってくるのを待つのみです。
結果、複数のキーワードで10位以内に上がってきています。
サイトスコアも安定して900を超えています。

まとめです

今回は以上です。ちょっと長かったですね(汗)

順位が下がり調子のサイトを中心に、リンクの精査を行いました。
GRCで100サイト以上のPCサイトの順位計測をしていて、もっと色々結果はあります。
サイト数が多いので、何も施策をしていないサイトも複数あります。

でも、施策を行い狙ったとおりに順位が上がってくると嬉しいですね。

ちなみにリンクを自作自演で付ける施策はやーすーは全く行っていません。
入社後、1本もリンクを付けた事がありません。
外部施策は危険なリンクの否認のみです。

そのリンクの否認に関してですが、以前海外SEOの鈴木謙一さんに直接質問してきました。
やーすー:
「昔SEO業者に貼られた自動リンク集などの気持ち悪いリンクの精査をする場合、そのリンクの見極めが難しいのですが、何かコツとかありますか?」
のような質問をした事があります。

その時の回答は、
鈴木さん:
「見極めるのは本当に難しいから、外部リンクの精査専門のコンサルサービスがあるから、もう頼んでしまった方がいいよ」
との回答を頂きました。

確かに、気持ち悪い自動リンク集のリンクでも、剥がすと順位が落ちるパターンもあります。
本当に何故か?分からない結果になる場合も多数あります(汗)。

でも、世の中には出来る人がいるんですよね。(じゃあ、出来るようになれば良い!)
これは経験がモノを言う作業なんだと思います。消して簡単には身につかないです。

外部リンクの精査に関して調べてみたんですが、
ヴォラーレさんとかディーボさんが受け付けてくれています。

ヴォラーレさんの外部リンク精査支援

http://www.seohacks.net/service/penalty_recovery/

ディーボさんのリンククリーニングサービス

http://textlinks.jp/campaign/150319.html

外部サービスに依頼するなら、信頼と実績のある所にお願いしないとギャンブルになりますよー。

このエントリーをはてなブックマークに追加

やーすーが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ