リモートデスクトップ接続に限界はあるの?を実際にやってみた その2

  • かんたん
    かんたん インフラちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リモートデスクトップ接続に限界はあるの?を実際にやってみた その2

前回のあらすじ。
リモートデスクトップ接続10台数珠接続をなんなくクリアしたわたしは、意気揚々と上司モナイさんに報告するも、「少なくない?」のひと声で、もっと多くの台数でやってみることに。
前回の記事はこちら。

リモートデスクトップ接続に限界はあるの?を実際にやってみた

こんにちは、お久しぶりです。
かんたんです。

さて今回は、前回の続きということで、もっと多くの台数に接続できるのか調査してみることとなりました。
そのためにご用意したPCの台数は…。なんと…!

30台です。

PC30台
どどーんと!
これはすごい、これはすごいです。壮観という言葉がまさにピッタリです。
ご家庭ではなかなか見ることのできない景色が広がっています。
15台の地点に、セロハンテープを置いています。

そして、前回の反省を生かし、酔い止めも用意しています。
酔ってからでも効くのがうれしいですね。
酔い止め
さらに、酔った原因は壁紙の模様にもあると考え、壁紙をなし(真っ黒)にして準備万端です。

それでは限界に挑みます

10台までは前回やりましたので、なんなく(本当は、8台目くらいから重いなーと思っていたことは内緒にしておきます)接続できました。
全然酔いませんし、酔い止めのおかげです。

リモート11~12台

さて…、ここからは未知の領域です。
11台…、12台…。おお、いけるいける。
リモート11~12台

13台目に行こうとしたその時でした…!
リモート接続エラー

コンピューターを検出できないとのエラーが!まさか早くも限界が訪れたのか…!?
と思ったら、リモートされる側のコンピューター名の設定を間違っていました(てへぺろ

気を取り直していこうと思ったんですが、どうにもこうにも重い。ものすごくラグがある。
まるで紙芝居のような状態になってきました。
紙芝居の様子を、ノーカットでお送りします。右側のスクロールバーにご注目ください。
リモートラグの様子

画面スクロールをしただけなのにもかかわらず、このラグ…。
左下のCPU使用率が跳ね上がっています。
そろそろ限界が近いのかもしれません。
でもまったく酔ってはいません。酔い止めを買っておいてよかった。

14台…、15台…、16台…。
限界が近いと思いましたが、重いもののまだいけそうな雰囲気もあります。20台はいけそうな予感です。
それでは17台目に。
接続が失われました

あれ?
「接続が失われました。セッションに再接続中…」の文字がっ!
なんど17台目に接続しても、接続が失われてしまいます。

きました。
16台で限界です。ファイナルアンサーです。

でも、ここで天の声が聞こえてきました。
「画面スクロールしたとき、CPU使用率が跳ね上がったやん?」
「ということはCPUをもっといいやつにすれば、もっといけるんちゃうん?」

一番おおもとのPC、つまり0台目PCのCPUは、Core i5-650。
在庫にあるPCを見てみたところ、Core i5-3570のものが…。

かんたんの簡単解説コーナー
CPUにはいろいろ名前がついていまして、その名前によってシリーズや世代がわかるようになっています。
ハイフンの前についている文字列はそのCPUのお名前で、数種類あり、序列は大体こんな感じです。
Core i7>Core i5>Core i3>Pentium>Celeronよくわかりませんが、車でもスイフトとかワゴンRとかありますよね。
そんな感じです。

そしてお尻の数字は、千の位で世代がわかります。第一世代はなぜかつきませんが。
Core i5-650→第一世代。2010年発売。
Core i5-3570→第三世代。2012年発売。
もちろん年々、性能は向上していますので、Core i5-650はフリーザ編のピッコロ、Core i5-3570はセル編の悟空みたいなものです。

本編に戻りまして。
これはやってみるしかありません。
0台目のPCを変更してやってみます。

願いを込めて、接続してみます。

リモート17台

いけましたー。
ウィンドウが大変なことになっていますが、もしかしてまだまだ全然いけるのでは。
念のため、酔い止めを追加で飲んでおきましょう。

17、18…これは大台に乗るか…。
リモート20台

いけましたー。20台の大台到達です!
これもしかして、第一世代から第三世代に変えたので、3倍くらい行けるのでは。
この調子でいこうとしたところで…。
リモート21台エラー

でましたー。
21台で例のエラーです。

操作時に、0台目のCPUの使用率が跳ね上がった。
0台目のCPUをもっといいものに変更したら、限界が伸びた。

これはつまり、「0台目PCのスペックによって限界は変わってくる」と言えるのではないでしょうか。
限界はCPU性能に依存してくる可能性が大きそう。つまりは、先に紹介したCore i7のCPUなどで行えば、今回の21台を軽く超えてくれるのかもしれません…。

ただ、ぜひわたしも挑戦してみたい!という方がいらっしゃると思いますので、先駆者の私から一点アドバイスをするとすれば。

物理的な準備が、そうとうに大変。
物理的に大変

リベンジマッチです

先日跳ね返されてしまった上司モナイさんに、胸を張って報告します。
今回は「やるやんかんたん!」になること間違いなしです。

かんたん
モナイさん!PCのスペックによって、限界が変わってくることがわかりましたよ!
モナイさん
ほーん。で、どんなネットワーク構成でやったの?

実際のネットワーク構成

かんたん
こんなかんじです!
モナイさん
え?それ赤のLANケーブルの負荷やばくない?

よりよいネットワーク構成

モナイさん
↑こっちだったら、もっといけたんじゃない?
かんたん
…。
かんたん
…。
かんたん
…。
かんたん怒る
もう!だったらモナイさんやってくださいよ!
モナイ困る
…ごめんよ。

糸冬

おまけ

リモートデスクトップのアプリケーションは、このリモートデスクトップ接続だけでなく、ちまたにいろいろと出回っております。
そんななかで、Brynhildrというアプリケーションがありまして、それを使用して

えんかくの図
このような感じで接続すれば、合わせ鏡にしたような景色がそこに広がるのでは!
ということで試してみました。

うんともすんとも言わなくなった図

あれ?
真ん中にBrynhildrのウィンドウが見えてはいますが、いっさいの操作を受け付けなくなりました。右クリックも、左クリックもききません。
画面が動かなくなりましたので、酔い止めの意味もなくなってしまいました。

リモートデスクトップは、円を描くようにやってはいけないようです。
遠隔だけに。

このエントリーをはてなブックマークに追加

かんたんが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ