調達したサーバーにApacheをインストールする

  • さわちゃん
    さわちゃん システムちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
調達したサーバーにApacheをインストールする

ここのところ毎日腹痛に襲われている、さわちゃんです(笑)
私事ですが髪の毛の色を金に変えちゃいました!
きんぱつぅ~ですよきんぱつぅ~( *´艸`)ウフフフフフ

今回のブログの内容は、前回「まずはここから! ~サーバーの調達をConoHaでしてみる~」の続きとなっております。

実は前回の記事作成時から間を開けすぎまして、
公開鍵に設定したパスワードを忘れてしまいました!(ToT)!www
パスワードを忘れないように注意してくださいね。

使用しているOSによって書き方が違う場合があるので、動かなかったら調べてください!(;Ⅲ□Ⅲ;)

ではさっそく、、

まずはじめに

既にインストールされている全てのパッケージアップデートをしましょう。

$ yum update

上記のコマンド実行が完了したら、いよいよApacheのインストールです。

Apacheをインストールする!

インストールにはyumコマンドを使用します。

yumコマンドとは

パッケージの操作・管理を行うコマンドです。

..ほ~ん( ˙-˙ )
インストールする時は 

yum install <パッケージ名>

を実行します。

今回はApacheをインストールするので下記のようになります。

$ yum install httpd

実行するとこんな感じになります↓


Loaded plugins: fastestmirror, security
Setting up Install Process
Determining fastest mirrors
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
base                                           | 3.7 kB     00:00
extras                                         | 3.4 kB     00:00
updates                                        | 3.4 kB     00:00
updates/primary_db                             | 2.0 MB     00:00
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package httpd.x86_64 0:2.2.15-54.el6.centos will be installed
--> Processing Dependency: httpd-tools = 2.2.15-54.el6.centos for package: httpd-2.2.15-54.el6.centos.x86_64
--> Processing Dependency: apr-util-ldap for package: httpd-2.2.15-54.el6.centos.x86_64
--> Processing Dependency: /etc/mime.types for package: httpd-2.2.15-54.el6.centos.x86_64
--> Processing Dependency: libaprutil-1.so.0()(64bit) for package: httpd-2.2.15-54.el6.centos.x86_64
--> Processing Dependency: libapr-1.so.0()(64bit) for package: httpd-2.2.15-54.el6.centos.x86_64
--> Running transaction check
---> Package apr.x86_64 0:1.3.9-5.el6_2 will be installed
---> Package apr-util.x86_64 0:1.3.9-3.el6_0.1 will be installed
---> Package apr-util-ldap.x86_64 0:1.3.9-3.el6_0.1 will be installed
---> Package httpd-tools.x86_64 0:2.2.15-54.el6.centos will be installed
---> Package mailcap.noarch 0:2.1.31-2.el6 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package            Arch        Version                      Repository    Size
================================================================================
Installing:
 httpd              x86_64      2.2.15-54.el6.centos         updates      833 k
Installing for dependencies:
 apr                x86_64      1.3.9-5.el6_2                base         123 k
 apr-util           x86_64      1.3.9-3.el6_0.1              base          87 k
 apr-util-ldap      x86_64      1.3.9-3.el6_0.1              base          15 k
 httpd-tools        x86_64      2.2.15-54.el6.centos         updates       79 k
 mailcap            noarch      2.1.31-2.el6                 base          27 k

Transaction Summary
================================================================================
Install       6 Package(s)

Total download size: 1.1 M
Installed size: 3.7 M
Downloading Packages:
(1/6): apr-1.3.9-5.el6_2.x86_64.rpm                      | 123 kB     00:00
(2/6): apr-util-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64.rpm               |  87 kB     00:00
(3/6): apr-util-ldap-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64.rpm          |  15 kB     00:00
(4/6): httpd-2.2.15-54.el6.centos.x86_64.rpm             | 833 kB     00:00
(5/6): httpd-tools-2.2.15-54.el6.centos.x86_64.rpm       |  79 kB     00:00
(6/6): mailcap-2.1.31-2.el6.noarch.rpm                   |  27 kB     00:00
--------------------------------------------------------------------------------
Total                                            17 MB/s | 1.1 MB     00:00
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing : apr-1.3.9-5.el6_2.x86_64                                     1/6
  Installing : apr-util-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64                              2/6
  Installing : apr-util-ldap-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64                         3/6
  Installing : httpd-tools-2.2.15-54.el6.centos.x86_64                      4/6
  Installing : mailcap-2.1.31-2.el6.noarch                                  5/6
  Installing : httpd-2.2.15-54.el6.centos.x86_64                            6/6
  Verifying  : apr-util-ldap-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64                         1/6
  Verifying  : apr-1.3.9-5.el6_2.x86_64                                     2/6
  Verifying  : httpd-tools-2.2.15-54.el6.centos.x86_64                      3/6
  Verifying  : mailcap-2.1.31-2.el6.noarch                                  4/6
  Verifying  : httpd-2.2.15-54.el6.centos.x86_64                            5/6
  Verifying  : apr-util-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64                              6/6

Installed:
  httpd.x86_64 0:2.2.15-54.el6.centos

Dependency Installed:
  apr.x86_64 0:1.3.9-5.el6_2
  apr-util.x86_64 0:1.3.9-3.el6_0.1
  apr-util-ldap.x86_64 0:1.3.9-3.el6_0.1
  httpd-tools.x86_64 0:2.2.15-54.el6.centos
  mailcap.noarch 0:2.1.31-2.el6

Complete!

、、、( ˙o˙ )

..Yes! Complete!! OK!OK!!..ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

そしたら、、
Apacheを起動させます。

# /etc/rc.d/init.d/httpd start

apache2

おぉ!
Starting httpd:って出ていますね!

コマンドでApacheが起動しているかを確認してみます。


# /etc/init.d/httpd status

apache4

あっ、なんか動いてそうですね!

Apacheを停止させたい時は、

# /etc/rc.d/init.d/httpd stop

で止めることができます。

今のままだと毎回Apacheを起動させないといけないので、OS起動時に、Apacheも起動するように設定します。

# chkconfig httpd on

これで毎回起動する手間がかからなくなりました。

iptablesの設定

ここまでできたらiptablesの設定をします。

iptablesとは

iptablesは、Linuxに実装されたIPv4用のパケットフィルタリングおよびネットワークアドレス変換 (NAT) 機能(複数のNetfilterモジュールとして実装されている)の設定を操作するコマンドのこと。Netfilterは、いわゆるファイアウォールやルータとしての役割を果たす。

..要するに、
外部からの攻撃を防御したり、通信を制御する「守り神」的存在です。

設定を間違ったりするとサーバに通信できなくなっちゃうので注意が必要ですが、今回は直接いじってしまいます☆
(設定するときは注意してください。もし間違ってしまったときは、conohaのコントロールパネルから何とか修正してください☆)

# vi /etc/sysconfig/iptables

開くとこんな感じになっていますので、


#Firewall configuration written by system-config-firewall
#Manual customization of this file is not recommended.
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
-A INPUT -m state –state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -j REJECT –reject-with icmp-host-prohibited
-A FORWARD -j REJECT –reject-with icmp-host-prohibited
COMMIT

下記の一行を追加してください。

-A INPUT -m state -state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT

こいつを追加してHTTP(80)を開放しないと、
「ファイヤーウォール」ではじかれてしまうそうです。。( ˙-˙ )

編集後がこちら↓


#Firewall configuration written by system-config-firewall
#Manual customization of this file is not recommended.
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
-A INPUT -m state –state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -m state -state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -j REJECT –reject-with icmp-host-prohibited
-A FORWARD -j REJECT –reject-with icmp-host-prohibited
COMMIT

編集が終わったら、iptablesを再起動させましょう。

# service iptables restart

apache5

たぶんこれで大丈夫なはずです!

ここまで設定できたら、IPアドレスをお使いのブラウザに打ち込みアクセスしてみましょう!

apache

こんな画面が表示されたら、Webサーバの完成です!

今回の作業でApacheのインストールはしましたが、これだけではPHPは使えないので、次回PHPのインストールをしてみたいと思います。

失敗したりうまくいかなかったらどんどんサーバー再構築して一から設定しちゃいましょう!
まだ傷は浅いので大丈夫です!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

さわちゃんが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ