CUIログインでパスワード入力を間違ったら[Ctrl]+[U]でやり直そう

  • インゴットくん
    インゴットくん システムちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Linuxなどの入力する場面に遭遇することがあると思います。画面には入力した文字のローカルエコーがされませんので、慎重にパスワードを入力しているのだと思いますが、それでもパスワードを入力中に間違えたりしませんか?

例えば、サーバコンソールのパスワード入力で、16文字のパスワードを入れなきゃいけないのに何文字目かわからないところで入力をtypoしてしまった場合、皆さんはどうしますか?

16回BackSpaceキーを押してから入力しなおす、というのが直感的でわかりやすいですが、同じキーを何回も押すなんてこと、しなくても大丈夫です!

パスワード入力間違えたらCtrl+Uで入力をクリアできる

実は、パスワード入力中、Ctrl+Uで、パスワード入力開始から入力した文字をクリアできます。

これは割と有名。

対話シェルでもやってみよう

パスワードを入力してログインした後は、対話シェルになりますが、そこでも適用できるかやってみましょう。

対話シェルでもCtrl+Uが有効

対話シェルでも、Ctrl+Uが有効です。

この場合、Ctrl+Uは、「カーソル位置から前の文字をまとめて消す」機能となります。あと、同時にキルバッファに入ります。

ついでに対話シェルでのCtrl+Kも覚えよう

カーソルから後ろの文字をまとめて消すのは、Ctrl+Kです。これも、キルバッファに入ります。

キルバッファに入った文字列を吐き出すCtrl+Y

Ctrl+Yで、キルバッファに入っている文字列を取り出します。なお、パスワード入力時のCtrl+Uはキルバッファに入りませんのであしからず。

コマンドライン入力で活用しよう

サーバ環境でもGUI操作ができるようにしていることがあるでしょうが、どうしてもコンソールログインでの操作をしなくてはならないときがありますので、GUI環境でもコンソール操作を覚えておくといざというとに慌てずに済みますので、ぜひ体験してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

インゴットくんが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ