• WEB

3時間で学ぶUnity 入門 ~上:準備~

  • しーな。
    しーな。 システムちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3時間で学ぶUnity 入門 ~上:準備~

はじめに

こんにちは、しーな。です。

WindowsとMac OS X上で動作する統合型のゲーム開発環境Unityの使い方について、ゲームもどきを作りながらUnityの機能を解説していこうと思います。

今回は3時間で学ぶUnity入門1回目です。

下準備 – Unityのセットアップ

まずは、公式サイトからUnityをダウンロードします。

Unity公式サイト – ダウンロード

ダウンロードが完了したらUnityをPCにインストール。

インストールウィザードはそのままnextを押して完了させましょう。

Unityインストール画面

インストールが終了したらUnityが立ち上がりライセンスの選択が表示されます。

ライセンスは今回、無料のフリーバージョンを選択します。

Unityバージョン選択画面

次にメールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成します。

Unityアカウント作成画面

これでセットアップは完了です。

Unityセットアップ確認画面

次にプロジェクトの選択画面ですがデフォルトでもTESTでも構いません。

右下のCreateボタンを押してプロジェクトを作成して進みます。

Unity操作画面

これでセットアップは完了です。

下準備 – 素材の調達

何もないところからゲームを作るのは大変です。

しかし、UnityにはAssetStoreと言う素材をダウンロードできる専用のサービスがあります。

これらはユーザーが出品していて中には有料のものもありますが、無料でも素晴らしい素材がたくさんあります。

まずゲームに必要なキャラクターをダウンロードしましょう。

Unityメニュー画面

さっそくAssetStoreにアクセスします。

メニューからWindow>AssetStoreを選択します。

AssetStore画面

すると、こんなウィンドウがでてきます。

ここでキャラクターや背景などいろんなものを手に入れることができます。

早速、画面右上の検索バーから「unity-chan」と入力してみましょう。

AssetStore検索画面

unity-chan画面

するとUnity界のアイドル(?)Unity-chanが検索でヒットするはずです。

このUnity-chan、モデルやアニメーションなどキャラクターの動きに必要なものが全部入っているんです。

しかも、無料で提供されていてかなり重宝します。

今回はこのUnity-chanを動かすゲームを目標に作っていこうと思います。

画面左上あたりにあるDownloadをおしてプロジェクトにインポートします。

 

ログイン画面

初回はこのようなウィンドウがでてくるので、セットアップの時に入力したメールアドレスとパスワードを入力してください。

ライセンスに同意して、プロジェクトにインポートしていきます。

左側にUnity-chanのインポート一覧とインポートボタンが出てくるのでボタンを押して進みます。

インポート画面

インポートが終わると右下のProjectにUnity-chanがインポートされます。

インポート後画面

では、さっそくインポートしたUnity-chanを設置してみましょう。

Unity-chan設置

ProjectのAssets>UnityChan>Prefabs>for Locomotionの中にあるunitychanをHierarchyに持っていきます。

Hierarchyは、現在ゲーム上で使われているオブジェクトを表示し、Projectからここにドラックアンドドロップする事でゲーム上に設置する事ができます。

ついでにUnity-chanが映るようにProjectからMain Cameraもドラックアンドドロップしましょう。

Cameraはゲーム上の視点となる物でCameraが見た映像がゲームで表示されます。

HierarchyにすでにあるMain Cameraは右クリックでdeleteを押して削除しましょう。

Hierarchyメニュー画面

今度はHierarchyのUnity-chanを選択して画面右側、

FaceUpdateという名前の箇所を右クリックしてRemove Componentを選択します。

ゲームを表示した時にGUIが表示されてしまうので表示を消していきます。

UnityChanControlScriptWithRgidBodyのScriptをダブルクリックしてスクリプトを編集します。

ダブルクリックするとUnity付属のMonodevelopというテキストエディターが立ち上がるので、

それを使ってC#のソースコードの189行目からOnGUIの中身をコメントアウトします。


    void OnGUI()
    {
        //GUI.Box(new Rect(Screen.width -260, 10 ,250 ,150), "Interaction");
        //GUI.Label(new Rect(Screen.width -245,30,250,30),"Up/Down Arrow : Go Forwald/Go Back");
        //GUI.Label(new Rect(Screen.width -245,50,250,30),"Left/Right Arrow : Turn Left/Turn Right");
        //GUI.Label(new Rect(Screen.width -245,70,250,30),"Hit Space key while Running : Jump");
        //GUI.Label(new Rect(Screen.width -245,90,250,30),"Hit Spase key while Stopping : Rest");
        //GUI.Label(new Rect(Screen.width -245,110,250,30),"Left Control : Front Camera");
        //GUI.Label(new Rect(Screen.width -245,130,250,30),"Alt : LookAt Camera");
    }

file>saveで保存することをお忘れなく。

保存したら画面をUnityに戻して、ゲームの土台となるものを設置していきます。

UnityGameObjectメニュー

GameObjectからCubeを選択して四角形の物体をゲームに設置します。

Transform設定

設置したら、四角形を選択して画面右の数値を図のようにします。

いきなりボコッと四角形の物体が長方形の板になります。

これでゲームの床になるものを作ったので、今度は壁を作っていきます。

Unityでパーツを増やす画面

HierarchyのCubeを右クリックしてコピーしてパーツを増やしていきます。

Positionで位置を調整して、Scaleで大きさを調整しましょう。

Rotationは0,0,0でOKです。

Unity作業途中画面

Cubeを4つ使って最終的にこんな感じの土台を作ります。

Unity完成画面

画面中央上の再生ボタンを押すとゲームが再生されます。

試しに押してみましょう。

Unity-chanは元からキー入力が入っているので、

Wキーで前進、Sキーで後退、AキーとDキーで旋回、スペースキーでジャンプします。

 

どうでしょうか?なんとなくゲームっぽくなってきました。

次回は、2時間目に続きます・・・

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

しーな。が最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ