• WEB

Photoshopのレイヤースタイルで楽々涙加工!

  • めい
    めい レタッチちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Photoshopのレイヤースタイルで楽々涙加工!

こんにちは、レタッチちーむのめいです。

暖かい季節になってまいりました。
みなさん授業やお仕事中にうつらうつらと船を漕ぎ出していませんか?

私は……もちろん眠気なんかに負けず日々業務に勤しんでおります!!

さて、今回ご紹介するPhotoshopの機能はレイヤースタイル

レイヤースタイルってなに?

レイヤースタイルとはドロップシャドウや光彩など様々な視覚効果を簡単に適用、編集できる機能です。
編集したいレイヤーをダブルクリックするとレイヤースタイルウィンドウが表示されます。

レイヤースタイルの操作画面

レイヤースタイルを適用したテキスト

主にテキストのエフェクトに使用されることが多いのですが、いやいや写真のレタッチにも使えるんです!

今回はこのレイヤー効果を使用して、簡単に涙加工をする方法をご紹介いたします。

こちらの写真を例に使用します。
女性が泣いている写真

さっそく涙をつくってみましょう!

1. 新規レイヤーで目の下に白い線を描きます。

涙加工ステップ1

形は後々調整するので、適当で構いません。

2. レイヤースタイルでドロップシャドウの構造を以下のように設定します。

  • 描画モード:乗算
  • 不透明度:100%
  • 角度:-120%
  • 距離:1px
  • スレッド:0%
  • サイズ:4px

※各数値は写真に合わせて調整してみて下さい。

レイヤースタイルの数値を調整

乗算の色は肌色より少し濃い色に設定します。

色調整

肌の色をスポイトで抽出し、一段階暗い色を選択。

3. スタイルを適用したら、レイヤーの描画モードを「比較(暗)」に変更します。

描画モードを比較(暗)に設定

立体感が出ました。

4. 消しゴムや指先ツールなどを使用し、涙の形を整えます。

涙の形を整える

おお、なんだか涙っぽくなってきた、かも??

5. 涙レイヤーを複製し、描画モードを「通常」、不透明度を20%に設定します。

※不透明度は写真に合わせて調整してみて下さい。
描画モードと不透明度を調整

6. 写真の光源に合わせてハイライトを付け加えます。

今回はブラシの色を白、モードをオーバーレイ、不透明度を30%に設定して、光らせたい部分を軽くなぞりました。

描画モードと不透明度を調整

これで涙の完成です!

涙加工の完成

泣いてるように見えますか?

さいごに

応用すれば色々面白い加工ができそうですね!
とても便利な機能なので、是非ご活用下さいませ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

めいが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ