• WEB

【めい編】レタッチャーは見た…世にも奇妙な超常現象!

  • めい
    めい レタッチちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【たたみ編】レタッチャーは見た…世にも奇妙な超常現象!

皆様お久しぶりです。めいです。
今回はレタッチチームの企画記事になります。

「レタッチャーは見た…世にも奇妙な超常現象」

初めての創作企画ですね。
創作は苦手分野なので先行き不安ですが、
何事もチャレンジ!ということでやってみましょう。

今回のテーマ

超常現象といえば何を思い浮かべますか?
私は「神隠し」というワードが頭に浮かびました。
(よく見ているアニメの影響です…笑)
「神隠し」とはどういう現象なのか改めて調べてみると。。

神隠し(かみかくし・かみがくし)とは
多くの場合は不明者は神域に消えたと考えられた。神隠しの「神」とは、神奈備、神籬、磐座などに鎮座する抽象的ないわゆる古神道の神だけでなく、天狗に代表される民間信仰(古神道)としての山の神や山姥・鬼・狐などの山や原野に係わる妖怪の類などもある。子供が遭ってしまう伝承も多いことから、子供を亡くした雨女という妖怪の仕業であるとも伝えられる。(各地に神隠しを行う妖怪の存在が伝えられている)

Wikipediaより抜粋
16/7/24閲覧

うーん、Wiki情報によるとちょっぴりホラーな印象がありますが、
「今回は神秘的だったりファニーな超常現象にしよう」と、
しるにひさんよりご指令がありましたので、
神秘さを目指して加工してみたいと思います!

加工手順紹介

素材探し

メインとなる背景は神社にしました。

神社の画像

登場人物を合成

背景に今回の被害者、幼い兄弟の写真を切り抜いて合成します。
ベンチの残骸などが写ったままですが、後々修正するので今はスルーです。
(海外のお子さんなのはどうかお気になさらず。。)

子供の写真を合成

幼い兄弟を誘うかのように、意味ありげなポジションに狐を配置します。
なぜ狐かというと…神社の守り神の中で狐に一番トキメクからです!!笑

狐の写真を合成

明るさや色を調整

トーンカーブとカラーバランスを調整し、写真に畏怖感を演出します。

明るさ・色補正

テクスチャで味を出す

さらに赤系のテクスチャでレイヤーモードを「色相」に設定します。
昭和風な写真になりました。

テクスチャを追加

オマケで狐火を投入

これだけではさびしいので、仕上げに狐火を作ります。
絵で描くのは手間がかか…いえ、マウスだと大変なので、写真を使います。
今回狐火に使用したのはこの花火の写真です。

花火の写真

花火の細かい光がにじむようにぼかします。

花火をぼかす

大きさや光の位置をメインの画像に合わせて調整し、
レイヤーモードを「ハードライト」にします。
すると…

完成

完成画像

完成です!!
きっとあの鳥居をくぐったら、二度と元の世界には戻ってこれないでしょう。
この兄弟の結末は……ご想像にお任せします★

企画加工をやってみて

久しぶりに脳みそを回転させた加工でした。
創作はやはり苦手ですが、いい経験になりました!(´・ω・`)

神秘的な加工を目指したのですが、若干ホラーな感じがしますね。。
まあ、そこは大目に見てもらいましょう…!笑

最後まで見て下さりありがとうございます!
またの企画記事をお楽しみに♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

めいが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ