• WEB

なぜレタッチは必要なのか、レタッチの役割と効果について。

  • たたみ
    たたみ レタッチちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜレタッチは必要なのか、レタッチの役割と効果について。

こんにちは、レタッチちーむのたたみです。
皆さん「レタッチ」という言葉にはどのようなイメージをお持ちでしょうか?
今回はなぜレタッチは必要なのか、レタッチの役割とは何か調べてみました。

レタッチとは何か

レタッチとはアナログ、デジタル問わず写真画像を修正、編集する技法のこと!
(最近ではイラスト画像にもよく使われるそうです。)
わたしたちレタッチちーむの主なお仕事です。

ちなみにフォトレタッチ、レタッチャーという言葉は和製英語で、英語ではフォトリタッチ、リタッチャーと呼ぶそうです。

記憶色と期待色

写真のレタッチと聞くと、「実物より美化する」「欠点を隠す」というイメージを持つ方は多いと思います。
しかし日常生活で目にする広告やウェブサイトで使用されている写真のほとんどはレタッチが施されています。
なぜ、ありのままの写真ではいけないのでしょうか?

目で見ている景色とありのままの景色は違う

例えば綺麗な景色に感動して写真を撮り、後から見返してみると「あれ?なんかあんまり綺麗じゃない…。」なんて経験はありませんか?
それは目で見えている景色と、実物の景色とは全く同じではないからなのです!
実は人間の脳は実物より鮮やかな色を記憶に残すそうで、それを「記憶色」と呼びます。
人の肌はより実物より白く見え、青い空はより青く見えます。

また記憶によって美化された映像はイメージとして不都合な部分は印象として残らない為、より良く見えるわけです。

脳が期待する色

人間の脳は目に見えたものをより鮮やかな色として認識する上に写真や印刷に対して「こういう色であってほしい!」と期待している色のイメージがあり、それを期待色と呼びます。(そのまま)
つまりありのままを写しただけの写真ですと記憶色・期待色との差が出てしまい、なんか違う…とガッカリしてしまうわけです。

レタッチの役割

写真を撮るイメージ

つまりレタッチとは、記憶色・期待色を人の手で再現することなのです。(最近は自動で綺麗にしてくれるプリクラもすごいですが。)
それだけではなく、写真を使用する広告やウェブサイトのデザインに合わせて調整し、見栄えを美しくすることもできます。

実物の魅力をより引き立て、見ていて気持ちのよい写真に仕上げる。感覚的な部分もある作業ですが、レタッチも立派なデザインですね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

たたみが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ