• WEB

Photoshopで簡単にできる「プリン頭」の修正法

  • とな
    とな レタッチちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Photoshopで簡単にできる「プリン頭」の修正法

こんにちは、となです。
髪の毛を染めているけど気付いたらプリン頭になっていた、なんて方は多いと思います。
今回は、美容院に行けないまま撮ってしまった写真のプリン頭をPhotoshopで簡単きれいに修正する方法を紹介します。

プリン頭を修正してみよう

こちらの写真を使って修正していきます。

加工前画像

修正したい部分をなげなわツールなどで選択

自動選択ツールでプリン部分のみ選択してもいいですが、色をつけた境目がはっきりわかってしまうので、必ず選択範囲にぼかしをかけてください。
今回は後で細かい部分の調整をするため、なげなわツールで大きく選択範囲を取ってしまいます。
なげなわツール選択イメージ

色調選択からトーンカーブレイヤーを作成

一般的な茶髪の場合、「レッド」と「ブルー」チャンネルの数値を変えれば、染めてある髪の色に合わせることができます。
「レッド」は全体的に上げて赤色を入れ、「ブルー」は全体的に下げて黄色を入れます。

色選択画像
色選択完了画像

染めてある色に合わせたら、はみだした部分を分かりやすくするため、「RGB」チャンネルの右側をぐっと下げます。

作業イメージ画像

ブラシツールで不要な部分を消す

ブラシの硬さは50%位だと境目がわかりにくくていいと思います。

不要な部分を消す

「RGB」チャンネルの右側を戻してからブラシの不透明度を変えて、なじませるように境目も消します。

不透明度を変更

色を乗せた部分が少し明るかったので暗くしました。

色の調整

完成!!

ついでに飛び出していた毛をきれいに整えてみました。

作業前後の比較画像

おまけ

今回はプリン頭の修正法でしたが、これを使えば髪の毛全体の色を変える事もできるので、染める前のシミュレーションだってできちゃうんです。

髪全体の色を変更

今回のようなちょっとした修正できれいに変われたら嬉しいですよね。

『お見合い写真に使うのにこのままじゃだらしなく見えちゃう~!』
『SNSにアップする用に髪の毛をきれいに見せたいな♪』
など色々な場面で使えるので、ぜひ試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

となが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ