• WEB

HerokuでPHPのHelloWorldを動かすまで

  • ともぞう
    ともぞう システムちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HerokuでPHPのHelloWorldを動かすまで

システムちーむのともぞうです。

今回はPaaSの新鋭、Herokuについて紹介していきます。

なお、当記事の内容はHeroku公式の親切丁寧なチュートリアルに沿ったものとなっていますので、英語に拒絶反応を起こさない方はそちらも是非ご覧ください。

Herokuとは

PaaS(ハードウェアやミドルウェアが既に整備されている環境一式をユーザが利用できるサービス)の一種です。

GAEやWindowsAzureもPaaSと呼ばれるものです。NiftyさんのC4SAやペパボさんのSqaleのように、日本でPaaSを提供しているところもあります。

Herokuは元々Rubyのためのサービスでしたが、現在では様々な言語(Ruby, PHP, Node.js, Python, Java, Clojure, Scala)に対応しています。

Herokuセットアップ

Herokuアカウント作成

HerokuでHelloWorldの第一歩です。

まずはHerokuの公式サイトでアカウントを作成します。

Herokuトップページ

トップページの「Sign up for free」を押してアカウント情報を入力!↓

Herokuサインアップ

Heroku Toolbeltのインストール

Heroku Toolbeltをこちらからダウンロードしてインストールしましょう。

Heroku Toolbeltは、コマンドラインでherokuコマンド(Herokuの操作全般を行うコマンドです)を使えるようにするためのツールです。

HerokuToolbeltInstaller

私の環境では既にmsysgitがインストール済みなので、Gitのチェックを外しています。HerokuへのデプロイはGitで行うので、Gitがインストールされていない場合はこの際にインストールしましょう。

インストールが終わったら、早速コマンドラインでHerokuにログインしてみます。

> heroku login
Enter your Heroku credentials.
Email: Herokuアカウント登録時に入力したメルアド
Password (typing will be hidden): Herokuのパスワード
Authentication successful.

アプリケーションの準備

予めGitHubにHelloWorldプログラムを作って置いておきます。

公式チュートリアルに記載されているサンプルプログラムのリポジトリを使用してもOKです。

> git clone https://github.com/hogehogeMyApp.git
> cd hogehogeMyApp

アプリケーションのデプロイ

Herokuでアプリケーションを作成します。

> heroku create

そしておもむろにプッシュ!

> git push heroku master

Herokuのプロセスを起動させます。

> heroku ps:scale web=1

heroku openコマンドを打つと作成したアプリケーションをブラウザで開いてくれます!

> heroku open

hello-heroku-browser

やだ…本当に動いてる…

まとめ

今回は単純にHelloWorldを表示させただけですが、驚きの手軽さでアプリが公開できると分かっていただけたかと思います。

アプリを公開したいけどサーバの設定が難しそう…という方も!Herokuなら!大丈夫ですね!

ちなみにHerokuの利用については無料枠と有料枠があり、スケールしたりプロセスの稼働時間によって課金される仕組みです。その辺りのお話はまた今度記事にするかもしれませんししないかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ともぞうが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ