• WEB

Slack + Heroku + Hubot連携でSlackからbotに話しかけてみよう ~Hubot編

  • うすき
    うすき システムちーむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Slack + Heroku + Hubot連携でSlackからbotに話しかけてみよう ~Hubot編

今回やること

Hubotのインストールを行いたいと思います。

前回までやったことはこちらです。
Slackのアカウント取得
Herokuの環境設定

Hubotとは

GitHub社が開発しMITライセンスで公開しているNode.jsでbotを作り動かすためのフレームワークです。
まずは、Node.jsを動かす必要がありますので、Node.jsが動いていない場合は、インストールしておく必要があります。

Node.js & Hubotのインストール

下記のコマンドを流すだけでインストールは完了です。


$ sudo yum install nodejs redis npm --enablerepo=epel
$ sudo npm install -g coffee-script hubot yo generator-hubot

参照:
より詳しい説明などがわかりやすく書かれています。
hubotと戯れてみる #1 slackと連携するhubotを3分でインストールする。(動画付き)

Hubotを設置する

mybotフォルダ内にHubotを設置します。


$ mkdir ./mybot
$ cd ./mybot

コマンド実行


$ yo hubot
                       _____________________________
                      /                             \
     //\              |      Extracting input for    |
    ////\    _____    |   self-replication process   |
   //////\  /_____\   \                             /
   ======= |[^_/\_]|   /----------------------------
    |   | _|___@@__|__
    +===+/  ///     \_\
     | |_\ /// HUBOT/\\
     |___/\//      /  \\
           \      /   +---+
            \____/    |   |
             | //|    +===+
              \//      |xx|

何やらロボットの絵が出てきます。
メールアドレスなどの入力が求められるので、入力していきます。


Owner (User ) メールアドレス  ※メールアドレスを入力
Bot name (mybot) mybot ※自分のボットの名前を付けます
Description (A simple helpful robot for your Company) ※ボットの説明を入力
Bot adapter (campfire) slack ※アダプターはslackにしてください

これで、Hubotの設置は完了です。

早速実行してみましょう

起動コマンド


$ ./bin/hubot -a shell -n mybot

mybotが起動しました。


mybot>

話しかけてみましょう


mybot> mybot ping

返答してくれました。


mybot> PONG

これで、環境が整いました。
次回はいよいよ、連携をしてみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

うすきが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ