• WEB

Windowsにチョコ?うまい!!ChocolateyでWindowsのソフト管理が楽々

Windowsにチョコ?うまい!!ChocolateyでWindowsのソフト管理が楽々

Windows10の半強制アップグレードが話題で沸騰していましたが、
この話題を素材にしたあるマンガがネット上で大反響をおして、
みなさんはご存じでしょうかw

「windows10 アップグレード」これまでの所業を擬人化した漫画
笑ってから本題に戻ります。Windows下のツールソフトが多くて、本当に便利過ぎで、いくらWindows10アップグレードちゃんに怒られても完全にWindowsを捨てるわけにはいきませんね。

しかし、数多くソフトのインストールや頻繁にバージョン更新など、ソフトの管理に手が負えなくなる気がしませんか?
今回はこういう悩みを持っている方々にChocolateyというWindowsソフトを魔法のようなソフト管理ツールを紹介していきます。
既にご存じな方はスルーしてください。

Chocolateyとは?

Linuxを使ったことがある方でしたら、ご存じと思いますが、
パッケージ管理ツール(yumなど)で一連のソフトを一気にインストール、アップデートすることなどができます。
Windows環境のソフト一括管理ツールはこのChocolateyであります。

チョコのうまさ(メリット)

  • 便利
  • 複数のソフトを一括インストール、アップデートやアンインストール事が出来ます。

  • 簡潔
  • ソフトのお探し、ダウンロード、インストールする際の「承諾」クリックするなど面倒な手間を省けます。

  • 安全
  • パッケージの提出は自動ウイルススキャンを含め、厳格なレビュープロセスがあって、セキュリティリストが低くなるはずです。

  • 学習コストが低い
  • 特に勉強しなくて、コマンドを3つぐらい覚えれば、基本操作に困りません。

チョコの食べ方法(使い方)

初級 チョコを手に入れる

魔法を施したいなら、先に魔法のツールを手に入れましょう。
公式サイトhttps://chocolatey.org にも掲載していますが、
2種類のインストール方法があります。
お好きな方法を選び、コマンドを実行してChocolateyをインストールしましょう。

コマンドライン


@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy Bypass -Command "iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin

パワーシェルの場合、必ず管理者権限で起動して、下記コマンドを先に実行してください。


Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

パワーシェル


iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))

中級 食べたい部分だけ食べよう

チョコはいろんな味(操作)がありますが、好きな部分を選んで食べましょう。

まず、一番人気(頻繁)なのはインストール味(操作)だと思います。
過去「chocolatey install」でインストールを実行していたが現行バージョンには「cinst」に進化しました。
(恐らくChocolateyの作者はプログラマの三大美徳を厳守しているでしょう)

早速ですが、チェコを手に入れたら、インストール部分の食べ方を一部紹介します。

単体インストール


cinst [packageName] -y

chocolatey install [packageName] -y
[packageName]はインストールしたソフトのパッケージ名で、
末尾にあるオプション「-y」でインストールする際に確認などをスルーする事ができます。

複数インストール


cinst [packageName1] [packageName2] [packageName3] -y

chocolatey install [packageName1] [packageName2] [packageName3] -y

インストールしたパッケージを確認


clist -lo

chocolatey list -lo

パッケージをアンインストール


cuninst [packageName]

chocolatey unist [packageName]

全てパッケージをアップグレード


cup all -y

chocolatey upgrade all

上級 大食いの裏ワザ

packages.configでソフトをリスト管理

実は、大食いの人(会社)や何度もチョコを食べたい人にもっと便利な食べ方があります。
複数台に同じソフトをインストールしたり、次回クリーンアップする時にやはりソフト名を1つずつ入力するのが面倒ですので、packages.configというリストを作っておけば、1行のコマンドで済ませます。

まず、コマンド実行フォルダに下記フォーマットように
packages.configファイルを作っておきます。


<?xml version="1.0"?>
<packages>
    <package id="GoogleChrome" />
    <package id="Firefox" />
    <package id="vagrant" version="1.6.5" />
</packages>

そして次のコマンドを入力すれば、リストの通りにインストールしてくれます。
versionオプションを付けると、指定したバージョンがインストールされますが、デフォルトは最新パッケージです。

パッケージリスト利用のインストール


cinst packages.config

chocolatey install [packageListFile]
[packageListFile]はパッケージリストファイル名(拡張子.config)です。

おまけ

最後に、パッケージ化されたソフトをいくつかをおススメします。

ソフト 機能 インストール用コマンド
Audacity 録音編集 cinst audacity
Evernote メモ帳 cinst evernote
chrome ブラウザー cinst googlechrome
GIMP 画像編集 cinst gimp
Greenshot スクリーンショット cinst greenshot
Pidgin 複数SNS cinst pidgin
Shotcut 動画編集 cinst shotcut
Vagrant 仮想マシン cinst vagrant
VirtualBox 仮想マシン cinst virtualbox
WinRAR ファイル圧縮・解凍 cinst winrar

他にもたくさんパッケージ化されたソフトがたくさんありますので、
公式サイトのパッケージリストを確認してインストールしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンポンが最近書いた記事

WRITERS POSTS もっと見る

他にもこんな記事が読まれています!

  • WEB
  • マーケティング
  • サーバー・ネットワーク
  • ライフスタイル
  • お知らせ